接骨院の自由診療で成功する施術料金設定の方法

接骨院の自由診療の料金設定はどうすればいいのか?
ここに頭を悩ませる柔道整復師の先生は多いです。

特にこれまで保険治療しかしてこなかった先生が
いきなり自費メニューの値段をつけることができないんですね。

 

高いと売れないから・・・

もっとも多いのが、高いと売れないと思ってしまうケース
これまで数百円のやりとりしかしてこなかったから
数千円の治療費というのがめちゃくちゃ高く感じてしまうようです。

で、40分ぐらいの施術時間が必要なコースなのに
2,000円とかいった値段をつけてしまう。

もちろん値段設定に正解不正解はありませんので
その設定でも悪いというわけではありません。

でももし、その接骨院が、最近多くなってきた施術者が1人というような
小さな接骨院であれば、もう少し考えたほうがよさそうです

 

接骨院の料金設定で気をつけること

料金設定のどこをもっと考えるべきかというと

その設定で自分の目標売り上げ金額に届くのか?
売り上げはいくとして、そもそも体が持つのか?
その安い料金でも納得がいくのか?

こういった部分です。

 

100万円売り上げたいです。といいながら、
めいいっぱい働いても100万にいかない料金設定をしている。
そんな接骨院って本当にたまにあります。

もうこうなったら頑張るとかそういう問題じゃなくなります
根本的な部分で間違っているわけですから

 

まぁ、そこまでの柔道整復師は少ないとしても
いくら売り上げたいのかから逆算で考えている接骨院は少ないです

ただなんとなく受けてもらえそうだし、この値段で。
とそこそこ安易に決めてしまっているようです。

 

自由診療の料金を逆算で決める

そうならないための一つの方法として、逆算で決めるというものがあります。
まず自分がどれだけ売り上げたいかを決めてしまうんです。

で、そこから、じゃあいくらにするのかと値段を決定する

たとえば300万売り上げたい。
だったら25日営業だから1日12万だな。と1日の必要売り上げが出ます。
ここから、じゃあいくらぐらいに設定すればいいかを考えるわけです。

時間あたりの単価を導きだして、そこから計算してもいいです。
たとえば、1時間いくら稼ぐ必要があるのか?を計算します
もちろん1時間でなくても、1分でもOKです。

完全自費であれば計算はかなり簡単ですが
普通は保険と自費の両方をやっているので、そう簡単な計算はできませんので
正確な売り上げを反映することのできるものではありません

 

あと、注意が必要なのは、稼働率です。
たまに100%で計算する柔整師の先生がいますが、それは無謀です

そこまでムダなく時間を組めませんし、そもそも人ってそこまで働けません。
なので、普通は6割~7割の稼働率で考えるといいです。

 

ざっくりと計算してみる

本当にきっちり計算するのが理想ですが、
僕が実際に接骨院の先生から相談を受けたときは、
その場で一緒にざっくりとした計算をしてみます。

今の売り上げはいくら?⇒180万円
いくらにしたいの?⇒250万(自費だけを伸ばして)

この情報を聞き出すと、あと70万円足らないということが判明します。

で、その自由診療の施術時間から考えて、
現状1日何人ぐらいなら施術できるかを考えてもらいます。
ここはさっき書いたように、稼働率の概念を入れて。

そうすると、スタッフ一人であと2~3人は施術できるから
たぶん7人、8人ぐらいかな。という答えが導き出せる。

ということは、70万 ÷ 25日 ÷ 7人 = 4,000円になります。
これが8人であれば3,500円、6人であれば4,670円ですから
実際の値段を決める場合は、3,500円~4,670円の間ということになります。

 

あなたがやりたい接骨院経営は?

上に書いたことは、ひとつの方法というだけで、これが正解というわけではありません。
目標金額から逆算すればこうなっただけです。

さきほど書いたように、そもそも自分やスタッフの体が持つのか?
その金額でやって自分自身が納得するのか?
このあたりでも考えて決めていく必要があります。

極端な話をすれば、60分1,980円のリラクゼーションをやって
たくさんのベッドでバンバン回転させ、稼働率もめいいっぱい上げる。
スタッフのことなんか考えずに、辞めたらすぐ素人を補充する

このやり方でも儲かるのであれば、ビジネス的には正解です。
僕もこのやりかたにどうこういうつもりはない。

ようは、あなたがそれをしたいかしたくないかだけです。

 

値決めは経営である

なんとなく料金設定の方法は見えてきましたでしょうか?

なんにも考えずに、施術料金を決めてうまくいく人もいます
しっかり考えてもダメな場合はいくらだってある。
だから、正解ってなんなのかはわかりません。

しかし、自費治療の料金設定は接骨院経営にとって大切であることは変わりません。

稲盛和夫さん曰く、値決めは経営だそうです。
値決めは経営そのもので、社長の重要な仕事であって、
経営者の器や哲学に帰する本当に大切なこと。とおっしゃています

そんなに高いと誰も受けてくれないよ。とか
みんなこれぐらいだし、これぐらいで。
なんて安易に決めないで、しっかり考えて決めることを強くおすすめします。

 

整骨院・接骨院集客経営コンサルタント、加藤

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | 教材販売
 

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA