整骨院で会話やコミュニケーションは必要か?

患者さんと会話したりコミュニケーションを取るのが苦手なんです・・・
こんな悩みを持つ柔道整復師や、整骨院勤務の先生は多いです

僕もコンサルティングをしていて、こんな先生にはよく出会います

おそらくですが、整骨院などの治療院では、会話をしないとダメ
会話をすることによってリピート患者さんが増える

そんな考えがあるから、こんな悩みが出てくるのだと思います

 

整骨院に会話は本当に必要か?

整骨院に来院された患者さんと、会話をすることによって関係性を築く
これがリピートにつながるひとつの要因であることは否定しません

実際に多くの整骨院が患者さんとの会話を大切にし
リピート患者さんを獲得することによって経営を豊かにしています

 

でも、皆が皆、整骨院での会話を楽しんでいるかと言えば
んなこたぁないわけですよ。

僕が患者さん側だったとすると、余計な会話はむしろいらないです。
無理して会話している治療家さんの相手をするのが苦痛。

 

人にはそれぞれ好みがあります。

たくさん話しかけて欲しい人もいれば
それを快く思わない人だっている。

それを察知して臨機応変に使い分けることができれば
それがもっとも理想に近い、会話やコミュニケーションの形です

でもこれって正直、難しいです。
特に男性の柔道整復師は苦手

 

整骨院で無理して会話する必要なんてない

僕は整骨院では無理して会話する必要なんてないと思っています

不得意なことに気を取られて、治療がおろそかになるぐらいなら、
どうでもいいこと話す暇あったら、治療に集中しろといいたい

もちろんこれはその整骨院の方針にもよります
患者さんが会話を楽しみにしにきているのであれば、それも必要でしょう

でも無理したってうまくいきませんよ、そんなの

僕は朴訥した治療家だって、それはそれで個性なんだからいいと思っています

 

当たり前ですが、必要なことはちゃんと話さないとダメですよ
問診や説明を会話が苦手だからしない。なんてのは絶対ダメ

それ以外のどうでもいい会話なんて、できなきゃする必要ありません

それを不満に思う患者さんもいるかもしれませんが
それを心地いいと思う患者さんんもいます

ようは人の好みなんてそれぞれってことです

無理してどうでもいい会話ではなく
必要な会話を必要なだけできるよう、そっちを勉強してください。
どうでもいい会話なんてその後です後。

整骨院で必要なコミュニケーションについてはこちらのDVDがおすすめです

 

整骨院・接骨院集客経営コンサルタント、加藤

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | 教材販売
 

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA