整骨院のホームページタイトルでSEO対策と成約率UP

先週、東京に行った際、鍼灸整骨院の先生にホームページについて質問されました。
この先生は自分でサブのホームページを作っているのですが、もっとも重要であるタイトル(タグ)の付け方から間違っておらえました。

その整骨院の先生はクライアントではないので、サラっとしかお答えできませんでしたので、こちらで、ホームページのタイトル(タグ)についてお伝えしたいと思います。

 

ホームページのタイトルは大きくわけて二つの役割があります。
一つはSEO対策としての役割。そしてもうひとつはクリックされる役割。

この二つを理解すれば、どうつけていけばいいかの基本がわかると思います。

 

SEO対策としての役割について

タイトルはSEOでもっとも大事な要素です。ですが、5年、10年前のSEO対策をいまだに実践しているホームページが多いです。今のSEOの本質を理解できていない状態といえます。

ここでいう本質とは、グーグルはなにを目指しているのか?です

グーグルは多くの人にサービスを使ってもらいたいと思っています。つまりいっぱい「ググって」ほしいわけですね。そうすることが広告収入につながるからです。

 

と、なると、検索結果は検索者にとって有益な情報が含まれていることが重要になります。例えば、「大阪市 整骨院」と検索した人は、大阪市にある整骨院の情報を求めていると推測できます。

では、ここで、検索上位に名古屋の居酒屋のサイトが出てきた場合はどうでしょうか?
おそらくそんな情報は求めていないわけですから、検索した人からすれば不満です。そんなサイトばっかり出てくれば、イライラして、「もうグーグルは使わん!」ってなります。

グーグルにとってもっとも怖いのは、この状態なんですね。利用する人が少なくなれば、それだけ広告収入も減るわけです。だから、検索者が求めているサイトにマッチしたものをちゃんと上位に持ってくる必要があるんです。

ここまではわかりますでしょうか?
では、もう少し踏み込んでみます。

 

タイトルで犯す3つの間違い

ここまでのことが理解できれば、タイトルとは、そのページ(もしくはドメイン全体)がなにについて書かれているのかを簡潔に示すものでなければならないということが、なんとなくでも理解できると思います。

グーグルはちゃんとしたサイトを上位表示させたい

ちゃんとしたサイトとは、タイトルと内容が一致したサイト

SEO対策は、タイトルと内容を一致させる必要がある

ということ

つまり、大阪市にある整骨院について書かれているのに、「渋谷の鍼灸整骨院なら加藤整骨院」なんてのはおかしいんですね。こんなことしてしまうと、「大阪市 整骨院」と検索しても、「渋谷 整骨院」と検索しても全然上位にあがってこないホームページになります。

 

まぁ、ここまでひどいことはしないにしても、よくない例として以下のようなものがあります。

  1. 地域名がまったく入っていない
  2. 業種や症状などがまったく入っていない
  3. 本文中にまったく入っていない情報をタイトルにしている

1番は地域ビジネスとしては致命的なミスです。たまにこれをやってしまっている治療院はあります。●●整骨鍼灸院といった感じに、治療院名だけ書いているパターンですね。
ちなみに冒頭の先生もこれに該当していました。

2番も1番と同じく、致命的なミスと言えます。「大阪市の加藤施術院。天王寺駅徒歩2分」なんて感じですね。まぁ、整骨院には屋号に業種が入っていることが多いので、これはほとんど見たことありません。

3番はけっこうあります。特にさきほど書いたように、5年~10年前のSEOを未だに実践してしまっている治療院に多いです。たまに業者でも勘違いしている部分でもあります。

 

タイトルは内容を表すことが原則

では先ほどの3番の解説です。

こんな感じのタイトルを見たことはありませんか?
「吹田市で整骨院は地域口コミNO.1の加藤整骨院 肩こり 腰痛 頭痛 坐骨神経痛 高槻市 茨木市 摂津市」なんて感じのタイトル

これだけ見れば、絶対的に悪いタイトルとは言い切れません。
(まったくもって良くもありませんが)
でも内容を見ると、そのページにはまった肩こりやら頭痛やらが出てこないんですね。地域名も吹田市のみで他の地域のことは一切書かれていない。

これだとタイトルにわざわざ付ける必要なんてないんです。ここまでひどいサイトはなかなか今はありませんが、近いことをしている整骨院のホームページはたまにあります。

 

タイトルというのは、SEO対策にはもっとも重要とされているものです。ですからついつい欲張って関係ないキーワードを無理矢理盛り込んでしまうんです。気持ちはわかります。

でも実際に検索した人からすれば、タイトルを見て、それが書いてあると思いそのサイトを見るわけ。でも中身は違う。これってさきほど書いた、グーグルの意図から外れます。

つまりそんなホームページは評価されにくということ。

 

SEOを考えたタイトルとは

検索されたいキーワードを入れる。
検索されたいキーワードとは、地域名・業種・症状名など

整骨院は地域ビジネスなので、地域名は必須。地域名は市区町村が基本になりますが、都道府県から入れてもいいし、駅名などもできれば入れたいところです。

そして業種も基本的には入れましょう。
普通は、整骨院・接骨院がメインになりますが、完全自費治療を行っている場合は整体やカイロプラクティックのほうが自院のコンセプトにマッチした患者さんを集められることもあります。

最後に症状名。これは必須ではありませんが、状況やコンセプトに応じて入れるキーワードです。ただしタイトルに入れる場合もたくさん盛り込みすぎるのはやめたほうが無難です。それぞれの影響力が相対的に低くなる、共倒れ状態になる可能性があるからです。

ここまでがSEO対策面でのタイトルのつけかたです

 

クリックされるタイトルをつける

実はここを考えていない整骨院のホームページは意外と多いです。
SEO対策ばかりを意識するあまり、実際に検索されたときのことを考えていないのです。

例えば、「整骨院 大阪市」と検索すれば、複数の整骨院のホームページが出てきます。かつてはホームページをもっていない治療院もけっこうありましたが、今ではないほうが珍しいといえます。

複数の整骨院が表示されることがどういう意味かというと、その複数の中から選ばれる必要があるということです。そして選ばれるためにはまずはクリックしてもらう必要があります。このときにタイトルは重要な役割をするんです。

あなたが検索して以下3つのようなタイトルのサイトが表示されたと考えてください

  1. 吹田市 茨木市 高槻市 豊中市 整体 肩こり 腰痛 頭痛 加藤整骨院
  2. 吹田市の腰痛治療専門の加藤整骨院 土日祝日も営業
  3. 吹田市で整骨院は子連れOKの加藤整骨院 産後の骨盤矯正が評判

ここで、あなたならどの治療院をクリックしますか?もちろん好みもありますが、予想するとすれば、1番はタイトルだけ考えると低くなると予想されます。
なぜかというと、あんまりイメージが湧かないからですね。

 

さまざまなキーワードで検索されるわけですから、クリック率についての断定はできません。しかし、ほとんどの状況下において1番ケースのクリック率は低いといえるでしょう。

また、最近はどの地域でもPPC広告が使われています。そうなると、いくらSEO対策を頑張っても、表示順位で1番になることは難しいんですね。

と、なると、なおさらクリック率の高いタイトルが重要になってくるのです。

 

まとめ

整骨院のホームページタイトル(タグ)は、SEOにとても重要な役割を果たす。
具体的にはSEO効果とクリック率をあげる役割。

タイトルには、検索されたいキーワードとは、地域名・業種・症状名などを入れる。
ただし欲張りすぎない。

タイトルはそのサイトページを完結に表したものが有効

クリックされやすいタイトルを考える。とくにPPCの競争が激しい地域は、いくらSEO対策を頑張っても、クリックしてくれない(集客できない)状態から脱却できない。

以上、整骨院のホームページのタイトルに関してでした

 

整骨院・接骨院集客経営コンサルタント、加藤

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | 教材販売

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA