整骨院の年賀状は送ったほうがいい?文例は?

毎年この時期になると、整骨院の先生から年賀状について質問されます。

年賀状は送ったほうがいいですか?全員に送ったほうがいい?
どんな挨拶文がいいですか?文例はありませんか?

なんて感じの質問が多いです。
まぁ、確かに悩みますよね。

 

接骨院は年賀状を送るべきか

毎度同じ回答で申し訳ないんですが、これに正解なんてありません。
年賀状を送りたければ送ればいいし、特に意味を感じなければ送る必要ない。

もうちょっと深く書くと、

年賀状を送ることで望む結果を得ている整骨院はあるでしょう。
年賀状を送ったけど、望む結果を得られなかった整骨院もあるでしょう。
そもそも何を望んでいるのかの定義もないまま送っている整骨院もあるでしょう。

ようは、ここなんです。
その年賀状をなんのために送るのか?ということ

 

もし、あなたが、年賀状を送れば年明けに患者さんがいっぱい来てくれる!
なんて思って年賀状を送ろうとしているなら、やめときなはれ。

これまでにどういった関係性を構築しているのか
近隣にライバル治療院がいるのか
来ている患者さんがあなたの整骨院になにを求めているのか

などなど、その状況によって変わってはきますが、
年賀状は整骨院の集客で、費用対効果のいい戦術ではありません

特にこれまでなーにもハガキなどのでフォローしてこなかったような整骨院が
いきなり年賀状だけ送っても、普通はなんの効果もありません

 

ちょっとイメージしてください。
お正月の朝を。年賀状が届いたときのことを。

懐かしい旧友から届いた年賀状。
あ、アイツの子供大きくなったなぁ。
去年は忙しくてなかなか会えなかったけど元気にやってんだなぁ。
あ、この人、年賀状出してない。急いで書かないと。

なんて光景が目に浮かぶと思います。

そこに大して思い入れのない整骨院からの年賀状が余地がありますか?
どこまで記憶に留めていてくれると思いますか?

関係性ができていれば別ですが、普通は3秒で忘れる。

だから、関係性も構築できていない。
でも集客したいからとりあえず年賀状を送る。
これはやめておいたほうがいい。まず徒労に終わるから

 

目的が違えばやりかたが変わった当然

じゃあ年賀状が送ってはいけないのか?といえば
最初に書いたように、なにがしたいのか?から考えてくださいな

  1. 素直に患者さんの年始の挨拶がしたい。
  2. 患者さんとの関係性を維持させておきたい。
  3. 年始の集客がしたい。

それぞれ目的が違ってくるので、それにそって考える必要があります。

 

たとえば、1番・2番の患者さんに、印刷文字だけでの年賀状で
自費メニュー半額!なんてやってもダメです。

それは挨拶ではなく、単なるセールス。そんなんだったら出さないほうがいい。

出す枚数は減ってもいいから、ちゃんと手書き部分も入れて
売り込みなんぞせずに普通に挨拶したほうが目的達成度は高い

 

では、3番はどうすべきか。

さっき書いたように、整骨院の集客手段として年賀状の費用対効果は高くない。
だから、年賀状にこだわらなくても、その労力で他のことをやったほうがいい。

でもあえて送るのであれば、まず時期を考えてください。

ハガキを送って、それによって来院する患者さんは
多くの整骨院や治療院で、当日~2週間ぐらいです

となると、元旦に届くようにするのはロスが多いので間違い。
あなたの整骨院が元旦からやってないですよね?

ハガキをもらって、ちょうどよかった行きたい!
と思う患者さんがいたとしても、肝心の整骨院の営業は5日から
これじゃあその間に忘れてしまうんです。

だったら営業日に合わせて出さないと

 

自費メニューのある整骨院で、年賀状にクーポンをつけるかどうかですが
これも正解はありません。

年賀状を関係性構築のための手段とみるか
それともセールスの手段とみるか、この違いだけ

ハガキやニュースレターで売り込んではダメです
というコンサルタントが大半ですが、それは現場をわかってないだけ
やり方なんて無数にあるんです。どれが正解かなんてない

 

では、以上を参考にして年賀状を出すかどうか決めてくださいね

整骨院・接骨院集客経営コンサルタント、加藤

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | 教材販売

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA