整骨院を自費移行するデメリット

前回の記事で整骨院が自費移行するメリットについて書きました。
⇒ 整骨院を自費移行するメリット
今回の記事は、反対にデメリットについてお伝えします。

最近、自費治療についてのメリットがさかんに喧伝されています。時代の流れからいって保険治療に頼るのは限界なので、当然といえば当然です。
でも、自費移行はこんなに素晴らしいんだよ!という情報ばかりなんですよね。

僕は基本的にだいたいのことに良い面もあれば悪い面もあると思っています。整骨院の自費移行だってこれと同じ。今後の整骨院経営で生き残るのには必要なことではありますが、デメリットになる部分をしっかり把握したうえで行動しないとなかなか成功しません。

ということで、自費移行すると、こんなデメリットや壁にぶつかりまっせ。について書きます。

 

集客・集患がなかなかできない

整骨院で自費治療を導入する際に多くの先生がぶつかる壁が集客です。

保険治療をメインしている整骨院のは多くの場合、たいした集客をしなくてもそれなりに患者さんが来てくれます。多くの患者さんにとって、やはり安いというのはひとつの大きなメリットですから。近いから安いからという理由でそれなりに患者さんが来てくれるんですね。そして丁寧な対応さえしていれば、紹介もそれなりにしてもらえる。

でもこれが自費治療になった途端、集めにくくなるんです。立地などにもよりますが、なんにもせんでも勝手に患者さんが来るなんてことは稀なのです。

ですので、自費治療で成功するには、「価値があれば金は出す」という患者さんを継続的に集める集客力が必要になります。それが、今まで保険治療にどっぷり浸かっていた柔整師にとっては大きな壁になります。

 

リピートしてくれなくなる

保険治療の場合、リピートで困っているという整骨院はあまり数は多くありません。
でも、自費治療になると、「リピートしてくれません。なんで?」という状態になってしまう整骨院がけっこう出てきます。

理由はいろいろとあるでしょうが、保険治療とまったく同じ感覚でやってしまうことが大きな原因の場合が多いのです。患者さんからすれば、数百円だった治療費が数千円になってしまうわけですから、よりシビアに金と時間を掛ける価値があるかどうかを吟味します。

価値が価格を上回れば人はモノやサービスを買います。逆を言えば、価値が価格を上回ることができなければ、1度は買ったとしても、2回、3回と繰り返し購入してくれることは難しいのです。つまりリピートしてくれないとうこと。

価値を与える、もしくは価値を伝えることができない整骨院はここでも壁にぶつかります。このように思うようにリピートしてくれなくなるデメリットが自費移行には潜んでいます。

 

技術不足、メニュー作りに困る

例えば自費治療で慢性症状であったり、内臓疾患などの治療に当たる場合、これまでの柔道整復術だけでは技術的な不足が出てくることでしょう。

いーや、柔道整復だけで十分という先生は、そのままやってもらえればいいです。ですが、普通はなかなかそうはいかないのではないでしょうか。

となると、自費メニューを作るためにも、それを受けた患者さんに納得してもらうためにも、治療技術や知識が必要にあります。おそらく時間とお金もかかるはずです。

新たになにかをするということは、それだけ時間とお金がかかります。それがプラスに働くこともあれば、力が分散してしまってマイナスに働くこともあります。ここが自費治療を導入する際のデメリットにもなり得るのです。

 

法的な問題をクリアする必要がある

整骨院内で柔道整復を行うのであれば法的な問題はまったくありません。いわゆる混合診療になった場合は、問題ないとまでは断言できませんが、今のところ基本的にお咎めはないようです。

しかし、柔道整復以外の施術を行うのであれば、法的な問題をクリアする必要がでてきます。これについては以下の記事で詳しく解説していますので、そちらを参考にしてください。
⇒ 整骨院で自費治療を行うのか違法か?

ただし、法的な問題は存在しますが、実際のところ皆普通に整骨院内で整体などの自費治療をやっているのが現状です。そしてそれについて保健所などから注意されたという話はあまり聞きません。

チラシなどの広告制限もそうですが、整骨院としてではなく整体院として出していれば、併設院などを作らずとも保健所から注意が来ることはかなり稀です。だからあなたもそうしろという意味ではありません。現状はそうですという意味です。

僕はクライアントには、併設院を作ることを基本的におすすめしています。やってみれば案外簡単に併設院は作れるのでグレーのままいろいろするよりもさっさと作ってしまうことをおすすめします。併設院についてはこちらの記事も参考にしてください
⇒ 整骨院で自費治療を売るために併設院を作る

 

ライバルが強く参入障壁が低い

柔整師が増えてきて患者さんの奪い合いになってきたから自費移行。というような考えだとかなり苦戦するはずです。なぜなら自費だってライバルは多いし、そして集客経営面で強いところが多いからです。

自費にしちゃえば単価も上げられるし、広告も自由だし、みんな儲かってそうだし、自費移行すっか~ぐらいだと大けがするっちゅうことです。

実際にそれでエライことになってしまっている先生を何人も見て来ました。
自費移行したいなら、それだけの覚悟と頑張りは必要になります。

 

本当にクリーンな療養費の請求をして、なおかつ年収うん千万。というのはかなりハードルが高くなっています。でも、そこまではいらない。黒に近いグレーでも知ったこっちゃない。ってんなら、今のところ保険だけでもなんとかいけると個人的には思っています。

なので、それでいいという先生は無理して一気に自費移行する必要はありません。んなことしたら潰れてしまいますがな。いずれは自費が必要になるにしても、ゆっくり順番にという方法もあります。

ですが僕の想いとしては、あなたにもクリーンな保険治療で堂々と治療にあたれる環境で頑張ってほしいなと僕は思っています。なので、そういった意味では、保険だけで食っていけないとなると自費なども考える必要が出てくるのはほぼ間違いないです。

以上、整骨院自費移行のデメリットや壁についてお伝えしました。
整骨院・接骨院集客経営コンサルタント、加藤

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | 教材販売

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA