整骨院経営の成功は聴覚と視覚で決まる

あなたの話は誰も聞いていません。

整骨院の患者さんに一生懸命、施術の話をしたとしても、
院長としてスタッフに教育しても、
基本的にあなたの話は聞いていないと思ってください。

聞いていないにはふたつ意味があって、
ひとつは、言葉だけの情報で判断しているのではない。
もうひとつは、聞いたとしてもすぐに忘れる。ということ

 

言葉だけで判断はしていない

メラビアンの法則というのを知っていますか?
いたるところで書かれていることなので、知っている人もいるかと思います。

これは、言語・聴覚・視覚で異なる情報が入ってきたときに
なにをもってそれを判断しているのか?という実験に基づいています

この実験によると、

言語(話の内容)が7%
聴覚(話し方)が38%
視覚(ボディーランゲージ)が55%

という結果が出たらしいのです。
もちろん、異なる情報が入ってきたときという条件下での実験なので
どんな場合も話しの内容は7%ってわけではないです。

まぁ、それでも、話の内容だけでなく、話し方や手振り身振りなんてのも
相手になにかを伝えたいときには重要な役割をしてますよ。って意味ですね

 

例えば、こんな状況を思い浮かべてください

話の内容 ⇒ べ、別にアンタのことなんか好きでもなんでもないんだからねっ!
話し方 ⇒ ちょっと恥ずかしそうに、甘えた言い方で
視覚 ⇒ 頬を赤らめ、伏し目がちに

こんな状況、安っぽいアニメでしか登場しなさそうですが、それは気にしない。

こんな女の子を見て、本当に好きじゃないと思っていると感じますか?
普通は、そうではないとわかります。
むしろ、大好きと言うより、破壊力があるかもしれません。

そういうことです。

 

わかっているけどやっていない

おそらくですが、こんなことはいまさら僕に言われなくても
これを読んでいる整骨院の先生は、ほぼ全員がわかっていると思います。

じゃあ普段意識してるかといえば、意識している人は少ないんですね。

治療家って、本当にこういったところダメな人多いですから。特に男性。
それでどれだけ損をしていることか。

 

なーんかこの先生、心がこもってないんだよなぁ
なんでそんなムスっとした顔で説明するの?怒ってるの?
表情にも、話し方にも抑揚がなさ過ぎて、なんか怖い

そんな先生って本当に多いです。
で、案の定というかなんというか、あんまり繁盛してない

 

たぶんこんなこと書くと怒る柔整師がいると思いますが
保険診療がメインの整骨院なら、あるていど気持ちいい好感持てる態度を患者さんに取れれば
そんなに特別なことをしなくても、そこそこなんとかなります

あそこの整骨院は先生も、スタッフも皆、優しくて笑顔で気持ちいいのよ
それだけでも患者さんは来るということです。

さっき男性は苦手と書きましたが、女性の受付スタッフでも
全然なっていない人はよくいます。

こんにちは。と言葉ではちゃんと挨拶していても、
なにか作業しながら、そっぽむいたままとかよくいますよね。

目見て、笑顔で明るい声で挨拶。
たったこれだけ、そういった整骨院は変わってきます。
あなたの院の受付はそれができていますか?

もちろん、受付だけじゃないですよ。
あなたも含め、スタッフ全員がそれができているかどうか
本当にたったこれだけで違ってきます。

 

言葉では好意的なことを言っている。
でも話し方も態度もそうではない。

こうなると、言語が視覚や聴覚とは合致していないわけですから
実験の結果を素直に反映させると、言葉の内容なんてもう意味のないものになります。

 

実際に繁盛している整骨院に行くと、本当にこういったところができています。
あなたの整骨院でも、ちゃんとできているか、しっかりと見直してみてくださいね。
ちょっとしたことで、整骨院経営は変わっていきますよ。

冒頭に書いた二つ目の、聞いたとしてもすぐに忘れる。
については次の記事でお伝えしたいと思います。

 

整骨院・接骨院集客経営コンサルタント、加藤

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | 教材販売

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA