柔整師より口コミサイトを信用する時代になっていく

どんなサービスでもそうですが、整骨院など人の身体をさわる仕事でも、事前に、「誰がそのサービスを提供しているのか?」「どんな内容なのか?」を知りたいと思うのは当然のことです。

誰だかよくわからない人に、よくわからない施術をされるというのは不安です。だからできるだけ事前にそのリスクを軽減したい考える。人はできるだけ損はしたくない生き物ですから

では、それらを事前にあなたの整骨院の見込み患者さんに知ってもらうにはどうすればいいでしょうか?
これには大きくわけて二つあります。

  1. あなた自身が自院や自分自身を語る
  2. あなた以外の誰かにあなたの整骨院やあなたを語ってもらう

基本はこのふたつです。

あなた自身が自院のことや自分のことを語るのは重要です。それに共感したり納得したりして、あなたの整骨院に訪れてくれる患者さんもいるでしょう。しかしそれだけでは不十分だと考える見込み患者さんだっています。なぜならそれはどこまでいってもあなただけの一方的な意見や考えだから。

こういった患者さんに納得や信頼をしてもらうためには、あることが必要になります。それはあなた以外の他者からの評価です。ここからは第三者からの評価がいかに大切かについてお伝えします。

 

たいしたことがない賞でもすごく感じる

他者から評価されることなんかないと感じる先生も、そこまで心配しないでください。

確かに多くの見込み患者さんは、あなたのことを信用していません。そして、あなた以外の第三者からの評価は意外と信用します。人によっては盲目と言っていいぐらい信用します。でもその他者からの評価の質をしっかり入念に調べるのかてぇと必ずしもしもそうじゃない。

例えばモンドセレクション金賞受賞。と書いてあると、なんかすごいのかも!って思いませんか?グッドデザイン賞受賞なんてもそうです。

でも両者とも、実はそこまですごい賞ではない。モンドセレクションは出品者の8割が金銀銅なんらかの賞を受賞するそうです。グッドデザイン賞も約3割が受賞するらしい。

そういった賞の実情は多くの消費者が知りません。だからこういった文言をみると「なんかすごそう!」と反射的に感じてしまう。そしてこれまた反射的に買ってしまうんですね。だってそんなのいちいち知らべてられませんから。

 

とりあえず書いておけばいい

ということはですよ。たとえあなた自身がたいしたことないなぁと思っていっても、とりあえずなんかあるなら書いておけば?ということが言いたいわけです。

例えば僕の場合でいうと、

株式会社addwisteria 代表取締役
セラピストサポート 代表
治療院専門web制作アトラクトブルー 代表
治療院集客塾 塾長
治療家コミュニティ加藤会 主宰
吹田商工会議所派遣事業コンサルタント部門 認定専門家

なんかすごそうじゃない?

実際のところ、なにひとつすごいことは含まれてません。でも、これを見てなんかすごそう!と思う人がちょっとはいるということ。まぁ、僕はこんなふうに書いてないんですが ← ダメやん

特に最後のなんて書こうと思えば、なんとでも書けます。

商工会議所が認めた日本で唯一の治療院専門の認定コンサルタント。という肩書きも謳えないわけじゃない。たぶん他に登録してないと思うし。

っちゅうことで、まとめます。

もし、あなたが「こんなの全然すごいことじゃないし」と勝手に判断して書いてないなら書いてください

※国家資格を持っていれば広告には書けませんので、ホームページなど広告以外のところでの話になります。効果があるのはわかったけど書きたくないというのであれば、もちろん書かなくていいです。なにも絶対的なことではありませんので

 

ポータルサイト(口コミサイト)が伸びていく

他者からの評価として整骨院で採用できるもっとも簡単なものに「患者さんの声」があります。そしてこの声には、自院のホームページなどで公開するものと、第三者のポータルサイトなどで公開されるものがあります。

患者さんの声はとりあえずもらえるだけもらっておいてください。声はいろんな使い方ができる整骨院経営に非常に役立つツールですから。

それと同じように、これからはポータルサイトの声も集めることを考えていく必要があります。いろいろやることがあって大変ですね(^^;)

この記事を書いている2017年3月の時点では、整骨院の集客にもっとも力があるポータルサイトはエキテンです。エキテンは多くの地域で集客力がありますので、その口コミはできるだけ集めたいのです。それが集客に直結しますから。

正直言いまして、エキテンの口コミは自然発生に任せていたらライバル院に勝てません。なぜなら口コミが多い整骨院は、ほとんどの場合、患者さんに頼んで書いてもらっているからです。

これに関してはさまざまな意見があるとは思いますが、現状はそうです。ただ、エキテンを利用する側の患者さんがどこまでそれをわかっているのかというと、現状ではまだまだ理解できていないといえるでしょう。

だから、形はどうであれ、お願いして書いてもらったもん勝ちの状態にあるといえます。

今後こういったポータルサイトは増えていくと予想されます。ひょっとしたら、飲食や理美容業界のように、検索結果の上位がポータルサイトだらけになる時代がくるかもしれません。

いろいろな考えがあるとは思いますが、整骨院の集客経営に大きな影響を与えるようになってきたからには、その対策はしておいたほうがいいのは間違いありません。

口コミサイトは、すでにあなたの整骨院を利用した人が、あなたが「誰」なのか。どんな施術を受けたのか。そのサービスについて評価する場です。これらのサイト影の響力がどんどん増しているのが、今の整骨院を含めた治療院業界の流れでです。

あなたが提供する施術がどういった人をターゲットにしているものかいもよりますが、基本的には多くの整骨院の集客に関わる問題です。だからこの流れだけは意識しておくことを強くおすすめします。
 


 
最後にちょいとまとめます。

  • 患者さんは事前にあなたの整骨院のことを知りたがっている。
  • でもあなた自身の言葉を信じない見込み患者さんも多い。
  • それを補うのは他者からの評価
  • 口コミサイトがどんどん影響力を高めていく
  • だからその対策の重要度は増していく

ほな、今日はここまで
整骨院・接骨院集客経営コンサルタント、加藤でした

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。 ホーム | コンサル料金 | 教材販売

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA