柔道整復師の年収は給料はいくらですか?という愚問

柔道整復師の年収(月収、給料)はいくらですか?
と、20代のある男性から質問されました

整骨院って儲かるんでしょう?ネットでみたら平均年収1000万って書いてあったし。なんて話の後にされた質問です。

柔整師の給料は300万?

ひょっとしたら、これを読んでくださっているあなたもそんな情報を聞いて、柔整師になったかもしれません。で、あなたの現状はどうでしょうか?

こんなサイトを見つけました
http://honne.biz/job/s1390/

柔道整復師が仕事に対する本音を投稿しているサイトです。
ここには年収も書いてありますが、投稿している人の平均で600万~700万となっています。

見れば分かるんだけど、上と下の差が激しいです。300万ぐらいの人が多いですが、数千万という人もいる。そして、結果的に600万ぐらいに落ち着いているみたい

で、僕としては柔道整復師の年収も給料もどうでもいいです。このブログはそんなことを検証するサイトではないので。知りたきゃこういうところで調べてください

気になったのは、その本音サイトの書き込み。
まぁ、2ちゃんねるに代表されるように、匿名の書き込みってのは素が出ているので、面白いですね

 

自分の整骨院なんだから自分でなんとかしろ

年収を数千万と書いている人は、努力次第で儲かる!なんて感じに書いている人が多い。
年収300万と書いている人は、労働時間長いし、バカばっかりだしなんて感じに愚痴がを書く人が多い。

整骨院に勤務している、雇われの身であればしょうがないかなと思います。院長の命令に従う立場にあるわけですから、いろいろとあるでしょう。

ですが、自分で接骨院を経営しているのに、愚痴る柔道整復師ってけっこう多いんですよね。もうね、アホかと。自分の整骨院なんだから、自分でなんとかしなはれ

保険の改定で~とかも一緒。だったら自費治療を売ったらええやんて話です。実際にそれで数千万と稼いでいる整骨院があるわけです。そもそも保険使えるってのはアドバンテージなだけで、仮になくなったとしても、不利になったわけじゃないですから。

 

冒頭の僕に質問してきた人もそうですが、●●って儲かるんですか?という質問って多いです。あなたも、整骨院って儲かるんですか?と異業種の人から質問されたことがあるかもしれません。僕もコンサルタントって儲かるんですか?と、よく聞かれます。

当たり前なんですが、儲かっている人は儲かってるし、儲かってない人は儲かってない。うまい棒って10円なのになんで儲かるの?と聞いているのと同じ。子供かっちゅうねん

ちなみにうまい棒の利益は1本あたり約2円だそうです。これが1日に140万本売れるそうな。年間にすれば億単位の利益が出ます。

うまい棒を売るという商売が儲かるのでなく、1本あたり2円の利益が出るようにコストを削減し、そして安定して売れるようマーケティングをしっかりしている。だから儲かるのです。

これってうまい棒だろうが、整骨院経営だろうが同じです。ただ商品がお菓子なのか、施術なのかの違いだけ。

 

まだまだ甘い整骨院業界

整骨院を繁盛させたければ、自分の年収を上げたければ、ちゃんと集客・集患して患者さんを集める必要があります。そしてその集まった人たちに、価値を提供し、お金をたくさん払ってもらう。そうすれば、あなたの懐にはお金が入ってくる。

それが保険だけでできるんであれば、そうすればいいし、できないんなら自費をやればいいだけ。うにゃうにゃ言うてる間になんかしろってことです。

正直、治療院業界はまだまだ競争が激しいとはいえません。もちろんかつてよりは激しくなったとは思います。でもまだまだ他に比べると甘い。

例えば、他の客商売を見てください。日曜祝日に休んでいる業種ってありますか?
まぁ普通はないでしょう。だって稼ぎ時ですから。そこ休んでどないすんねん!ってツッコミいれらますよ、普通。夏場に休んでいるプールみたいなもん。

似たような業種でも、リラクゼーションサロンなんかは日曜祝日はだいたいやってます。そうしないと儲からないからです。なのに、整骨院はいつまでたってもほとんどが日曜祝日は休み。そしてそれで十分やっていけている。

他から見れば、まだまだ甘いのです。

 

話が行ったりきたりして申し訳ありませんが、さっきの本音サイトで、柔道整復師なんてなるもんじゃありません。なんて意見がけっこうかかれています。

もちろん自分がなにがしたいのか。なんてのが一番大事なんだけど、こと収入だけで見れば柔道整復師はめちゃくちゃ有望な資格だと僕は思っています。開業すれば自由に稼ぐことができるわけですから。(雇われの待遇は確かに悪いですも)

整骨院はもうダメだ。柔整師は儲からない。そう思った時点で負けは決定します。なんとかしたければ、行動しましょう。それしかあなたの収入を上げる道はありません。

整骨院・接骨院集客経営コンサルタント、加藤

 

追記

この記事はこのブログの中で多く検索されている記事の一つです。検索されるキーワードは「整骨院 給料」とか「整骨院 年収」といったものが多いです。

もちろんそれを狙ってSEO対策をしているわけなので、思惑通りではあるのですが、僕の予想を上回って滞在時間が短いです。つまり読んでもらえてないということ。
そりゃ、整骨院って儲かるかな?と思って検索する人ですから、あの書き出しならば普通はすぐに読むのをやめますわな。

でもなにを間違ったかこうして最後まで読んでいるあなたは、きっと柔整師になってもある程度成功する要素がある人じゃないかなと僕は勝手に思っています。

 

あなたも感じているとは思いますが、これからの整骨院経営はかつてのそれとはまったくの別物と考えていかなければなりません。特に、マジメに(グレーな療養費の請求などをしない)治療院経営がしたい。という気持ちがあるならなおさらです。

僕は治療院専門コンサルタントですから、たくさんの治療院をみています。その経験から考えると、もう整骨院の看板なんか捨てたほうがやりやすいんじゃないか?とすら思ってしまうこともあります。マジメにすればするほど、メリットよりもデメリットが大きくなっていくからです。

 

あなたに、柔道整復師なんてなるもんじゃない。と言っているわけでも、治療院なんて儲からないよ。といっているわけでもありません。この記事に書いてあるように、僕の目から見れば、有望な資格だし職業だと思っています。

あなたがすばらしい柔整師として活躍されることを期待し、応援しています。

 

 

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | 教材販売
 

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA