なぜ上位表示されても集客できないのか?

「1ページ目に表示されているのにホームページから集客できません」
といった相談?泣き言?をよく整骨院の先生から聞きます。

もうちょっと詳しく書くと、「●●市 整骨院」や「●●市 接骨院」といったように、地域名と業種で検索したときに、1ページ目に自院のホームページが表示されている。それなのに集客できません。という意味です。

 

1ページ目に表示されたって集客できない

「●●市 整骨院」で1ページ目に来れば、集客できるはず!と思って頑張っていろいろやってみた。でも念願叶って1ページ目に来たのになんも変わらんやんけ!とか

SEO業者に、1ページ目にくればざっくざく集客できまっせ。今なら月額なんと15,000円(3年縛りの契約だけど)さぁ、ここにハンコを!と言われて契約を結んだ。で、見事1ページ目に表示されるようになった。でも集客はできていない。

なんてケースがたくさんあるんですね。

これは当然といえば当然です。5~6年前までならまだしも、今は「●●市 整骨院」で1ページ目に表示されたからといってざっくざく集客できるなんてのは、一部の都会か、ライバル院が少ないのに需要は多いという恵まれた地域ぐらいです。

 

なぜ?1ページ目でも集客できないのか?

1ページ目にあなたの整骨院が表示されても集客につながらない理由は

  • ホームページの内容が他に比べてダメ
  • 1ページ目だが8番目など、やっとこさ1ページ目
  • PPC広告が増えてきた
  • ポータルサイト(エキテン)の台頭

などが考えられます。
っちゅうことで、これらをひとつずつ解説していきます。

 

ホームページの内容がダメ

これはそのまんまですよね(^-^;
いくら上位表示されたところで、内容がダメならあなたの整骨院に行きたいとは思わないので、おのずと集客力は落ちます。これはいたしかたない。

ホームページを見て整骨院など治療院を選ぶ人は、3~5院を見比べていると言われています。ということは、あなたの整骨院に来てもらうためには、単純にこの競争に勝つ必要があるんですね。

なぜ整骨院でないとダメなのか?がわからない。
なぜ数ある整骨院であなたの院でなければダメなのか?がわからない
なぜ来月でもいいのに、今でなければならないのか?がわからない

だからあなたの整骨院には行かない。という選択を見込み患者さんはします。
もちろん書きだせばもっともっとありますが、基本はここなので、この3つを意識してホームページを作成していく必要があります。

と、ここまで書きましたが、正直安い保険治療が受けたいという患者さんであれば、まだまだ上位表示だけして、あとは保険が効くことがわかれば集客しやすい状態です。でも保険だけでなく、自費も売っていきたいというのであれば、上記のような考え方をする必要があります。

 

1ページ目だがやっとこさ1ページ目

1ページ目に表示されれば集客できる!はほぼSEO業者の戯言です。SEO業者は、1ページに来たでしょ?だからお金もらうよ。という基準のために1ページ目を持ちだしているにすぎません。

つまり、1ページ目に表示されたからといった、集客できるわけではないのです。なぜなら1ページ目に表示されたとしても、下位のほうだとクリック率がかなり落ちてしまうからです。

「●●市 整骨院」と検索した人が、表示されたページをどれぐらいクリックするかを調べた結果(2014年)が以下になります。
※他にも数字が違う調査結果もありますので参考程度に

ウェブサイトクリック率2

ウェブサイトクリック率1出展引用元 Google Organic Click-Through Rates in 2014 – Moz

 

「●●市 整骨院」と検索して1番目に表示されたサイトのクリック率が31.24%。2番目になると半分以下の14.04%です。もうそこからはだだ下がりで、6番目移行にいたっては、わずか3%になってしまいます。

ようは、トップ3ぐらいに入らないと、集客力はかなり落ちてしまうのです。
これが新宿や渋谷といった検索ボリュームのある(検索される数の多い)地域であれば、それでも大丈夫です。しかし、検索数そのものは少ない地域では下位になれば集客にはなかなかつながらないといっていいでしょう。

正直、普通の市であれば、1ページ目に表示させるのはそれほど難しいことではありません。なので、1ページ目で安心するのではなく、3位以内に入れるような対策が望ましいといえます。

 

PPC広告が増えた

地域名+整骨院で検索すると3位以内に表示される。だからこれまではホームページからかなり集客できていた。でもここ数年は順位はそれほど変わらないのに集客数が激減している。
そんな治療院も多いです。僕に相談してくださる先生で、最近はこれがかなり多い。

比較検討対象である他の治療院のホームページの質が上がってきたこともその要因としてありますが、ほかにはPPC広告の存在が影響していると考えられます。

「茨木市 整骨院」と検索した画面がこちらです
※茨木市とは大阪北部にある市です

茨木市 整骨院の検索結果

赤枠で色つけしているところがPPC広告です。

僕は、大阪の吹田市、豊中市、茨木市あたりの治療院関係の検索同行は15年ほどずっとチェックしています。5年ぐらい前まではここまでPPC広告が出ていなった。そして出稿されていたとしても、そのサイトの出来栄えはそこまでいいものではありませんでした。

でもこれを書いている2015年現在、ぎっちりPPC広告が出稿されています。そしてどの治療院もそれなりにいい集客力のありそうなサイトを作っています。

こうなってしまうと、自然検索の1位に辿り着く前にPPC広告に相当数持っていかれてしまうんですね。だってそっちほうが目立つ位置にあるし、しかもそれなりに良いサイト。

ということで、例え検索で1ページ目に表示されたとしても、あなたの整骨院のサイトに辿り着けないのです。当然集客数も落ちる。

これはもう仕方ないので、この状況を受け入れるか、もしくは自分もPPC広告を出稿するかしかこありません。

 

ポータルサイト(エキテン)の台頭

最後の理由はポータルサイトの台頭です。ポータルサイトというか、エキテンの台頭といってもいいです。2015年現在、「地域名 整骨院」と検索すると、日本中のかなりの地域でエキテンが上位表示されます。

その影響で、エキテン経由で集客している整骨院など治療院が数多く存在するようになりました。中にはエキテンから80名集客しています!なんてのも聞いたことがあります。そこまではいかなくても、エキテンから数名~10名程度ならそんなに珍しくない状態に今はあります。

これが意味することは、検索する見込み患者さんの多くが、エキテンを参考に整骨院など治療院を選んでいるということです。

このエキテンもここまで影響力が強くなったのは、ここ3~4年です。

それにともなって、かつては「地域名 整骨院」と検索していた人の多くは、検索結果に並んだいくつかの治療院から選ぶだけだったのが、エキテンというひとつの大きな参考サイトができたことでそちらに流れているんですね。

数年前と現在で検索数そのものにそんなに変化はありません。治療院の需要もそこまで変化ないです。そこでエキテン経由が増えているということは、他にしわ寄せが来るということ。
つまり検索順位が変わっていなくてもかつてほどそこから集客できなくなったということです。

 

なにをすれば集客できるか?

上位表示されたって集客できないなら、打つ手がないのか?といえば、そうではありません。だって現実にホームページでがっぽがぽ集客している整骨院があるわけですから。

なのでウェブ集客でやっていくべきポイントは、

  • 「地域名+業種」以外のSEOも考える
  • PPC広告を費用対効果的に使っていく
  • 他サイト、他媒体などからの流入を増やす

などになってきます。

まずは、「地域名+業種」だけのSEOでなく、他のキーワードでもしっかり対策を取っていくことです。手間はかかりますが、ホームページのコンテンツ(中身)を充実させることで可能になります。こちらについては以下の記事を参考に
⇒ 整骨院ホームページのSEO対策

それができたら、次は充実させたコンテンツにPPC広告を掛けていくことです。これは地域差がありますが、しっかりやれば費用対効果的に集客することができるようになります。
こちらについてはまた今後記事にしていきたいと思います。

 

そして、最後はホームページ単体で考えるのではなく、他のサイトや他の媒体からのアクセスをしっかり作っていくことが今後のウェブ集客では重要になります。

例えば、記事中に書いたエキテンもそうです。エキテンだけを見て来院を決める患者さんもいますが、少なくない数の患者さんが、エキテンを見て、そのあとホームページを見て来院を決めます。エキテンだけの情報では不安なんですね。もっと詳しい情報を得たいのです。

もちろんエキテンに限らず、アメブロなどの無料ブログや、フェイスブック、ツイッターなどのSNSからもホームページにアクセスを流せます。最近ではyoutubeからの流入も少しは見込めるようになってきました。

また、ウェブだけでなく、オフラインであるチラシや情報誌、看板などからだってホームページにアクセスを流せます。

今後はこういったように、ホームページを中心にして、その周りにいかに効果的に流入経路を作っていくかが安定した集客には有利になっていきます。

 

以上が、地域名+業者で上位表示されても集客できない理由と、今後のウェブ集客の対策についてです。簡単ではありませんが、やるしかありません。なぜならこれだけ整骨院も治療院も増えています。かといって患者さんの数が顕著に増えているわけではありません。

となると必然的に、集客できる整骨院とそうでない整骨院がでてきて当然だからです。前者になりたいならやるしかありません。

整骨院・接骨院集客経営コンサルタント、加藤

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | 教材販売

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA