整骨院自費移行を成功させるためにまずするべきこと

整骨院の自費移行に関しての相談はとても多いです。ひょっとしたら、これを読んでくださっているあなたも、自費移行をチャレンジ中かもしれません。

そこで今回の記事は、整骨院の自費移行をする際の考え方についてです。実はこの考え方は、あなたの整骨院に直接的な売り上げをもたらしてくれるものではありません。でも、自費移行するうえでも、整骨院経営そのものにおいても、まずは考え方の部分をしっかり持っていることがめちゃくちゃ大事です。

ということで、これから自費移行を考えている先生。今すでに自費治療を伸ばしていこうと頑張っている先生は是非読んで参考にしてみてください。

 

自費移行のためには需要があることを知る

僕がこれまでにお手伝いしてきた柔整師の先生が、自費移行するうえで最初にぶち当たる大きな壁は、「そんな高い治療は誰も買ってくれない」という勝手な思い込みです。

「このへんに住んでいる人は安い治療しか受けてくれない」
「何千円もする治療なんて誰も受けてくれるはずない」

よく、柔整師の口から出てくるこのセリフ、あなたも一度や二度は聞いたことがあるかもしれません。ひょっとしたら、あなた自身がそうかもしれません(^-^;

 

この考えかたのまま、自費移行を成功させた柔整師を僕はいまだかつて見たことがありません。つまり、僕の基準でいえば、この考えでは一生自費移行は達成できないということ。

それはそれであなたの考えであればそれでいいのですが、「もっと単価を上げたい」とか「レセプトと縁を切りたい」とか「そもそも保険だけじゃもうダメだ」なんて先生は、それじゃあ困るわけですよね。

ということで、まずは保険治療よりも何倍も高い自費治療でも、それを受けてくれる患者さんがうじゃうじゃいる。ここを知る、理解することが大事です。

 

ずぅっと保険診療にどっぷりつかっていた、整骨院歴が長い先生であればあるほど、この考え方をすんなり受け入れることができません。これまでずっと数百円の治療を売ってきたわけですから、いきなり何倍もする施術を売るのは抵抗があって当たりまえです。

人って自分が見てきた世界、自分の頭で想像できる世界がすべてです。エラそうこの記事を書いている僕だってまったくもって狭い世界でしか物事を考えられていないので、自分の商品に対する価格については迷いがたくさんあります。

 

 

自分の治療価値に自信を持つ

でも、それじゃあ厳しい。

そりゃそうですよね。施術という商品を売るあなた自身が、自分の施術が安い価値しかないと認めている状態にほかならないからです。そんなんで売れるはずないですわな。

でね、これは僕の勝手な予想ですが、自費治療をしっかり売っていけない整骨院は、この先経営がどんどん苦しくなって、しまいには潰れてしまう院がたくさん出てくるでしょう。
それが、いつになるはわかりませんが、大阪など競争が激しい地域では、すぐ目の前まで来てるかもしれませんし、もうすでにその段階に入っているかもしれません。

ということは、生き残る道は、まずここ。

自分の治療には価値があるということを知る。高くても価値があれば受けてくれる患者さんはたくさんいるということを知る。ここが出発点なのです。

 

少し考えてみてほしいのです。

私は自分の商品(自費治療)は数千円の価値はないと思っています。でもあなたには数千円で買って欲しいです。だから数千円で買ってください。お願いします。

この状態で、患者さんは、ああ、そうですか。と、数千円払うことができますか?僕ならたぶん買うことができないと思う。ちょっとでもその自信のなさが見えた瞬間に買う気が失せる。
つまりこの状態のまま数千円の商品を売るのって難しいんですよ。

だから整骨院の自費移行の第一歩は、自分の自費治療には価値があることを知る。価値があるということを認める。この作業が欠かせないのです。

これは本当に大事なのですが、多くの柔整師をほったらかしたまま自費移行について、あーでもない、こーでもないと考え込みます。で、いつまでたっても保険に頼った接骨院経営を脱却できない。

 

あなたはどうしたいのか?

とはいえ、他のコンサルタントのように、高く売ることだけが正しいとは僕は思っていません。ちゃんと理由があって、そのうえで安価な治療を提供してあげたい。そう自分でしっかりとコミットできているのであればそれでいいでしょう。

結局は、あなたが自分の整骨院をどう経営していきたいのか。
治療家としてどう生きていきたいのか。です。
ここは人から言われてどうこうする部分ではなく、自分で決めるほかありません。

 

使命や理念をしっかり持っていて、そこから出た答えとして安い治療を売っているのであれば、それに関しては、僕がどうこういうことではありません。ありのままを受け入れて、自分のやりたいようにやればいいです。

でも、本当はもっと高く売りたい。と思っているけれども、整骨院はそんなことしちゃいけない。とか、高いと受けてくれないんじゃないか。と勝手に決めつけているのであれば、その余計な考えはとっとと捨て去ったほうが絶対にいいですよ。

ちゃんとした商品(治療)を作る。
それを自信を持って売る。
整骨院の自費移行をする際にはこの二つをまずはしっかり意識してくださいね。
整骨院・接骨院集客経営コンサルタント、加藤

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | 教材販売

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA