整骨院のホームページ集客に必要な4つのアクセス

あなたの整骨院、接骨院にホームページから集客するためには二つのことが必要です。
集客できる内容のホームページを作り、そこにアクセスを流すこと

内容とアクセス、どちらが欠けてもあなたの整骨院に集客はできません。
内容については別の記事でお伝えすることにして、この記事ではアクセスに関して書きます。

 

4つの誘導方法

あなたの整骨院のホームページにアクセスを集めるための方法はいくつかあります。

  • SEOを強化して検索されるようにする
  • PPC広告などを有料広告を使用する
  • ブログやポータルサイトから誘導する
  • チラシや看板などオフライン媒体から誘導する

大きく分けるとこの4つ。
アクセスを集めるというと、SEOばかりに目を向けてしまいがちですが
そこだけではなく総合的に見ていく必要があります。

 

SEOを強化する

ここは非常に大事なので、常に必ず考えておきたいポイントです。
PPCがあるから大丈夫という先生もいますが、
最近、グーグルのアドワーズ広告の掲載停止された治療院が多数出たことから考えても
日ごろからSEOはできる限りのことはしておくべきです

まずは考えるべきは、「地域名 業種」になります。
「西宮市 接骨院」とか「西宮市 整骨院」といった感じです。

検索数そのものが多い地域で、
これが達成できるとかなり有利であることは間違いありません
例えば「新宿 整骨院」なんて感じに

ただ、ホームページ集客に力を入れる治療院が増えてきたこともあって
数年前に比べだんだんとこれが難しくなってきました。

 

となると、ここを狙うのはもちろんですが、他も考える必要が出てきます。
例えば、検索数の多い地域なら「地域名 業種」はいったん後回しにして、
「地域名 症状」でとりあえず上位を狙うというのも手です。

理想は、「地域名 業種」「地域名 症状」「駅名 業種」などすべてで上位表示させること
最終的にはここを目指すべきですが、簡単ではありません。

なので、あなたの整骨院の地域性や、自院のホームページの強さを考えて
どのキーワードで上位にあげていくかを考える必要があります。

 

それにプラスして、症状別ページや症例ページを増やすことで
ロングテールSEOで細かく拾っていくことでアクセスを集める方法があります。

この方法は、手間はかかりますが、今後のホームページ集客を考えたうえでは
めちゃくちゃ大事だと僕は思っています。
詳しくは有料のクライアントなどに提供していることですので割愛します。

 

ちゃんとしたSEO対策をして、上位表示されていけば集客にはとても有利になります。
ちゃんとしたというのは、ホームページの内容を充実させ、
更新も頻繁に行い、自然な被リンクを得るということ。

悪質なSEO業者から、あやしい被リンクによる一時的なSEOではないという意味です。

小手先の一時的なテクニックを使ったところで、
それが長続きすることがないからです。
最悪の場合、順位が大幅に下がることも考えれられます。

 

この記事を書いている2015年2月現在のSEOを考えた場合
やるべきことは、内容の充実がもっとも大切だと僕は考えています

正直、SEO対策しますよという業者の誘いは、まずは全部断っていいと思います。
だって本当にろくなところがありませんから。

少なくとも僕のクライアントで、業者にSEOを依頼して
価格に見合う成果を上げた先生は一人もいません。

 

有料広告を利用する

有料広告にもいろいろありますが、
基本はヤフーのリスティング広告か、グーグルのアドワーズ広告になります。

これらの広告を使くことで、あなたの整骨院の濃い見込み患者さんの
アクセスをワンクリック数十円から数百円で買うことができます。

この広告をPPC広告と言いますが、これらの特徴は
自分で広告をコントロールできることです。

それが達成できれば、PPC広告は優良なアクセスを
あなたの整骨院のホームページに流してくれる便利なツールになります。

 

広告の掲載文はもちろん、どこページにアクセスを流すのか
どのキーワードで検索されたときに表示させるのか、どの地域に出すのか
どれぐらいの予算を掛けるのかなどが自分で細かく設定できるのが特徴です。

ウェブ集客が目標値に達していないのであれば、
PPCは積極的に活用していくべきツールです。

最近ではクリック単価が高くなってきていますので、
「業種 地域名」などでは費用対効果が見合わない地域もあります。

なので、今後は「業種」ではなく、「症状」などのキーワードで狙っていくことで
いかにコストを低く抑えることができるかが運用のカギになっていきます

 

今回の記事の趣旨とは少し外れますが、PPCの活用で注意すべき点があります。
それは、ホームページの内容によっては広告が出せない場合があるということです。

どの内容であれば出せないのか、といった明確な基準がありませんので
絶対的なものではありませんが、以下のような内容のものが
審査に漏れる原因と考えられます。

  • ビフォーアフターが掲載されている
  • 患者さんの声に対して、個人の感想である旨が記載されていない
  • 根拠の乏しい効果効能

こういった情報が記載されていると、審査にパスしないことが多いようです。

 

先ほども書いたように、明確なものではありません。
例えばビフォーアフターが掲載されていても、
まったく問題なく広告が出せているケースもたくさんあります。

「治療」や「患者」という単語を違う表現に変更することで
審査にパスしたケースも僕のクライアントもいます。
なのでこの基準は今のところ担当者によってバラバラです。

今後、こういった規制がすすんでいけば、さらに厳しくなっていくことも考えられます。
本当に安全に運用していくならば、
PPC用のホームページと、自然検索用のホームページを別々に作ることです。

費用や労力の面もありますが、もっとも理想に近い形はそれです

 

 

ブログやポータルサイトからアクセスを流す

ホームページそのものに直接アクセスを呼び込む方法ではなく
いったん別の媒体を経由してアクセスを流すことも可能です。

それに役立つのがアメブロなどに代表される無料ブログ
そしてエキテンなどのポータルサイトです。

2015年2月の時点では、ブログならばアメブロ
ポータルサイトであればエキテンがアクセスを流す効果が高いといえます。

 

アメブロに関しては、アクセスを流すというよりは、
ブログですべて完結させてしまうことが多いです。
つまりホームページを見ずに予約電話を入れる患者さんが多いということ。

それに対しエキテンは、アメブロに比べれば、ホームページに来る割合が高いです。
情報量がそこまで多く掲載できないからです。

いずれにしても、これらから流れてきた患者さんは
そこそこ濃い見込み患者さんになりますので、
きっちりと導線を引いてあなたの整骨院のホームページに誘導すべきです

 

チラシや看板からアクセスを流す

最後はチラシや看板などからのアクセスについて。

こういったオフラインからのアクセスを大切に考えていない先生も多いですが
ここはしっかりと考えるべきポイントです。

なぜなら、オフラインから誘導されたアクセスはとても濃い見込み患者さんだからです。
濃いというのは、予約にいたるまでの確率が高いということ

 

例えば、「西宮市 整骨院」と検索してあなたのホームページを訪問したとします。
この人はかなりの高確率で、他の整骨院のサイトも見ています。
そしてどっちに行こうかなと思案しているはずなのです。

しかし、あなたの整骨院のチラシや看板を見て
「○○整骨院」と名指しで検索した訪問者は、他と比べるためではなく
あなた整骨院にすでに興味があり、行くかどうかの最終決断である可能性が高いのです

この両者、どちらがより来院してくれやすいと思いますか?
当然後者になるのがわかると思います。

 

ということは、チラシには必ずホームページに辿りつける検索ワードを記載すべきです。
「西宮市 ○○整骨院」と検索してください。といった感じに。

基本的には自院の名前で検索すれば、トップに表示されるようにすべきです。
ただ、整骨院の場合、似たような名前が多いので難しい場合もあります。

グーグルの検索も変化してきましたので、
検索した場所を考慮に入れて検索結果を出すようになってきました。

なので、それほど頑張らなくても、近隣の見込み患者さんには見つけてもらえます。
しかし、やはり自院の名前で検索された場合は確実に集客につながるように
最低限、上位表示されるように対策はしたいところです。

 

以上、この4つが整骨院のホームページアクセスを支えています。

本当に安定した強いホームページ集客のために
これらをしっかり組み合わせてアクセスをしっかり誘導していってください。
整骨院・接骨院集客経営コンサルタント、加藤

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | 教材販売

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA